日本の国籍・パスポートの取得のためのレゾン行政書士事務所
新大久保で申請をお考えの方
レゾン行政書士事務所

帰化申請とは

帰化申請とは日本の国籍を取得するための申請です。ビザ申請とは違い、管轄の法務局へ申請することとなります。

日本の場合、二重国籍を禁止されているため、帰化申請の最中に母国の国籍から離脱する必要があります。

永住申請との違いは、帰化申請により、日本では他の日本人と同等の権利を認められる一方で、母国では外国人という扱いになってしまうため、帰化申請は慎重に検討する必要があります。

帰化申請をする上で最も大変なことは申請に必要な書類を収集することです。住民票や課税証明書、納税証明書など日本で取得する書類から母国の戸籍謄本など日本では取得できないものなど様々あります。書類収集のため母国へ帰国できない場合は、親族などのご協力が必要になるケースもあります。

また、作成が必要な書類も、作成のために様々なルールがあるため、スムーズな帰化申請には専門的な知識が不可欠です。

螢ォ讌ュ7

帰化申請の住所条件

帰化申請は今持っている在留カードや申請人となる外国人の身分によって変わってきます。ここではその一部を紹介します。

 

・基本的な条件

5年以上継続的に日本に在留し、そのうち3年以上就労系のビザで在留している

 

・日本人だった人の子(養子を除く)

引き続き3年以上日本に住所又は居所を有する

 

・日本人の配偶者

引き続き3年以上日本にいて、現在も日本に住んでいる

又は婚姻の日から3年経過し引き続き1年以上日本に住んでいる

 

・引き続き10年以上日本に在留している方

技術・人文知識・国際業務などの就労ビザで1年以上在留している

 

・日本人の子(養子を除く。)

日本に住所を有する

 

その他の条件

帰化申請にあたり、素行条件(過去の犯罪歴や税金の支払歴など)や生計条件(現在の職業や転職歴など)を見られます。また、日本語能力も見られ、申請後に日本語の試験を受けることになることもあります。

Check!
帰化申請の手順
手順
1

お電話での無料相談

まずはお電話やメールにてお問い合わせいただき、無料でご相談を承ります。

手順
2

面談でのご相談

直接弊所をお越しいただき、無料相談を行います。より詳しいご相談が可能ですので、ご不安な点をお聞かせください。

テレビ電話ツールなどでの遠隔面談にも対応致します。

手順
3

法務局への相談

法務局へお客様と赴き必要書類の確認を行います。

手順
4

書類の作成及び収集

弊所で申請書類の作成及び日本国内で収集可能な書類の準備を致します。

一方でお客様に収集していただく書類(母国の戸籍など)もございますので、そちらの準備をしていただきます。

手順
5

管轄の法務局への申請

新大久保にお住いの場合は東京法務局の本局が管轄となります。

申請にはお客様の同行が必須となります。

手順
6

法務局からの連絡及び面接

申請からしばらくすると法務局から連絡があり、面接のご案内があります。

面接では取り留めのないことを聞かれますが、日本語のテストが実施されることがあります。日本で生活するうえで必要な程度の日本語ですのでそれほど難しいものではありませんが、日本語の勉強はしておきましょう。

手順
7

結果の連絡

法務局から結果の連絡が来ます。無事帰化申請が許可された場合は官報という国が発行する新聞のようなものに帰化の内容が掲載されます。また、帰化された後は区役所へ行き、様々な手続きを行う必要があります。

帰化申請に必要な書類(新大久保で申請をお考えの方の一例)
  • 住民票(世帯全員)

  • 閉鎖外国人登録原票記載事項証明書

  • 出入国履歴(パスポートのコピーを含む)

  • 在勤及び給与証明書(勤務先に作成していただきます)

  • 源泉徴収票

  • 税納税証明書

  • 課税証明書または非課税証明書

  • 預金通帳のコピー

  • 技能及び資格証明書(持っている場合)

  • 賃貸借契約書(賃貸の場合)または土地・建物登記事項証明書(所有の場合)

  • 年金保険料の領収書や年金定期便などの写し

  • 運転免許証・運転記録証明書

  • 在留カード

  • 写真(5cm×5cm) 2枚

帰化申請はビザ申請以上に多くの書類が必要です。その人が持つ在留カードやその他の資格、身分によって必要な書類が変わってきます。上記に記載した必要書類もあくまで一例であり、申請に何が必要なのか慎重に検討する必要があります。

弊所は新大久保からアクセスに便利な池袋駅付近に事務所がございます。新大久保で帰化申請についてお考えなら是非レゾン行政書士事務所へお問い合わせください。

6c700525a4b64c948c1f5906ca196fbc_m
Contact

お問い合わせ

Access

地域に根差した営業を続け個人・法人を問わず多くの方からのご相談を承ってまいりました

概要

事務所名 レゾン行政書士事務所
住所 東京都豊島区池袋2-36-1 INFINITY IKEBUKURO 8F-51
電話番号 070-8337-6639

アクセス

各方面からのアクセスに便利な立地に事務所を構え、これまでにも都内だけでなく埼玉方面からお越しいただいた方からのご相談にも対応してまいりました。地域に根差した営業を続け、ビザについてのお悩みを解決するお手伝いをしています。勤労ビザから結婚ビザまで、種類を問わずご相談を承ります。

Q

短期滞在ビザを家族滞在ビザに変更することはできますか?

A

本来であれば、短期滞在ビザを持っている外国人が家族滞在ビザなどの中長期ビザへ変更することは認められません。

しかし特別な事情がある場合は別です。

そして、今のコロナ禍は「特別な事情がある場合」となる可能性がありますので、まずはお気軽に御相談ください。

RELATED

関連記事