就労ビザ(技術・人文知識・国際業務)の申請が不許可となってしまう理由を紹介
こちらのページをご覧のお客様は就労ビザ申請報酬10%OFF!
大宮からアクセスに便利なレゾン行政書士事務所
レゾン行政書士事務所

不許可理由を知るメリットとは

就労ビザ(技術・人文知識・国際業務)の申請は100%許可が下りる申請ではありません。不許可となる理由を知ることで、不許可となる事由を排除し、より許可が出やすい申請をすることができます。また、そもそも就労ビザの許可の見込みが無い場合、企業側は内定を出す前に判断し、外国人側は応募する前に判断することでより効率的な採用や就職活動が可能となります。

螢ォ讌ュ7
Check!
就労ビザ(技術・人文知識・国際業務)の不許可理由の一例
case
1

業務内容などの説明不足

就労ビザ(技術・人文知識・国際業務)の申請では業務内容が就労ビザの内容に合うかどうかが判断基準の1つとなります。なので業務内容が不十分であり、入管に業務内容が就労ビザに合わないと判断されると不許可となってしまいます。採用理由書や就労場所の写真などを提出して入管が納得できる書類を提出する必要があります。

case
2

業務量不足

採用した企業に、新たな外国人を採用する必要があるほどの業務量が無いと判断されると不許可の理由となります。外国人従業員リストなどを提出して人材が不足していることを説明する必要があります。また既に他の担当者がいるべき業務(経理など)の場合は現在の担当者との役割分担などの説明が必要です。

case
3

基準適合性の問題

就労ビザ(技術・人文知識・国際業務)の条件に大学か日本の専門学校で業務内容と関連するものを学んで卒業しているか、業務についての10年以上の実務経験が必要ですが、そもそも業務内容と関連しない学校を卒業していたり、実務経験が不十分だと判断されると不許可となってしまいます。

予め学歴や職歴と業務内容が合致するか確認しておく必要があります。

お電話でのご相談もお待ちしております。
070-8337-6639 070-8337-6639
  • Line
  • Facebook
  • Instagram
Contact

お問い合わせ

Access

地域に根差した営業を続け個人・法人を問わず多くの方からのご相談を承ってまいりました

概要

事務所名 レゾン行政書士事務所
住所 東京都豊島区池袋2-36-1 INFINITY IKEBUKURO 8F-51
電話番号 070-8337-6639

アクセス

各方面からのアクセスに便利な立地に事務所を構え、これまでにも都内だけでなく埼玉方面からお越しいただいた方からのご相談にも対応してまいりました。地域に根差した営業を続け、ビザについてのお悩みを解決するお手伝いをしています。勤労ビザから結婚ビザまで、種類を問わずご相談を承ります。
RELATED

関連記事