就労ビザ(技術・人文知識・国際業務)を持つ外国人の転職について、その注意点を解説!
こちらのページをご覧のお客様は就労ビザ申請報酬10%OFF!
大宮駅からアクセスに便利なレゾン行政書士事務所
レゾン行政書士事務所

就労ビザを持つ外国人の転職

就労ビザ(技術・人文知識・国際業務)を持つ外国人は自由に転職することができます。しかし、就労ビザで認められる業務以外の担当として採用され、その業務をを行ってしまうと不法就労となります。そうなると就労ビザの更新が難しくなり、また雇用した企業側にも罰則がある場合があります。

転職する外国人、外国人を採用する企業側双方の注意が必要です。

螢ォ讌ュ7
Check!
転職によって就労ビザの更新が困難になったケース
ここでは就労ビザ(技術・人文知識・国際業務)の更新が転職によって困難になってしまったケースを紹介します。多くが転職先での業務内容の問題となります。
case
1

飲食店への転職

就労ビザ(技術・人文知識・国際業務)を持つ外国人が居酒屋などの飲食店に転職したケースです。いままでITエンジニアやCADオペレーターとして働いていた人が、初任給やすぐに採用されることから飲食店に転職してしまうケースがあります。このような場合多くが接客やキッチンでの業務担当となりますが、その場合就労ビザ(技術・人文知識・国際業務)で認められない業務となり不法就労となってしまいます。当然就労ビザの更新申請は不許可となるでしょう。

case
2

自分の学歴や経歴と関係のない業務へ転職

就労ビザ(技術・人文知識・国際業務)の条件として大学や日本の専門学校で業務と関係のある単位を取得しているか、同様の業務内容を10年以上経験している必要があります。転職後、これらとは関係のない業務の担当者となってしまい、就労ビザの更新ができなくなってしまうといったケースがあります。

case
3

就労ビザの更新手続きの不備

転職後に就労ビザの更新をいつもと同じようにしてしまうと、入管からは業務内容などを詳細に説明するように通知がくることがあります。その際に入管が納得する説明ができなかったり、入管から求められた書類が提出できないと、更新申請が不許可となってしまいます。

私が申請します!

レゾン行政書士事務所の行政書士の紹介

IMG_5567_R

申請取次行政書士 森川敬太

私は就労ビザや家族滞在ビザ、経営・管理ビザの申請を専門に取り扱う行政書士です。外国人のお客様や企業のお客様から多くのご相談を承っております。

ビザ申請といってもお客様のご不安は様々です。それぞれのお客様のご不安に親身になってご相談させていただけるよう努めています。学歴や過去の法令違反など、今まで多くのご相談をいただいた経験がございます。

ビザ申請について少しでもご不安な事情があれば、ぜひレゾン行政書士事務所までお問い合わせください。

就労ビザの更新に必要書類(最低限必要なもの)
  • 申請書

  • 証明写真 4×3cm

  • 前年の法定調書合計表

  • 課税証明書

  • 納税証明書

転職後の更新手続きの際に提出すべきもの
  • 採用理由書

  • 卒業証明書や成績証明書など学歴を証明する書類や実務経験を証明する書類

  • 決算報告書

  • 履歴事項全部証明書(会社謄本)

  • 外国人従業員リスト

  • デスクの配置図や就業場所の写真

  • 会社案内

転職後の更新は変更と同じくらいの書類を準備しましょう!

外国人が持っている就労ビザ(技術・人文知識・国際業務)では、あくまで前職での業務内容などが入管に認められたというだけで転職先での業務内容まで認められたわけではありません。転職の際には就労資格証明書を取得することをお勧めしますが、就労資格証明書を取得していない場合は、更新手続きの際に就労ビザへの変更申請のときに出した書類と同等の書類を出すべきでしょう。

就労ビザなど各種ビザ申請についてご不明点がございましたら是非レゾン行政書士事務所までお問い合わせください。まずは無料相談から承ります。

お電話でのご相談も承ります。
070-8337-6639 070-8337-6639
  • Line
  • Facebook
  • Instagram
Contact

お問い合わせ

Access

地域に根差した営業を続け個人・法人を問わず多くの方からのご相談を承ってまいりました

概要

事務所名 レゾン行政書士事務所
住所 東京都豊島区池袋2-36-1 INFINITY IKEBUKURO 8F-51
電話番号 070-8337-6639

アクセス

各方面からのアクセスに便利な立地に事務所を構え、これまでにも都内だけでなく埼玉方面からお越しいただいた方からのご相談にも対応してまいりました。地域に根差した営業を続け、ビザについてのお悩みを解決するお手伝いをしています。勤労ビザから結婚ビザまで、種類を問わずご相談を承ります。
RELATED

関連記事