※メインキャッチコピー※
レゾン行政書士事務所
Check!
長い在留期間が認められたケース
過去の申請から長い在留期間が認められたケースを紹介します。同様のケースの場合確実に長い在留期間が認められるというものではありませんが、参考にしてください。
case
1

就労ビザの更新を複数回行った場合

就労ビザ(技術・人文知識・国際業務など)を取得後、転職せずに何度か更新を行うと長い在留期間を認められるケースがあります。一例ですが下記のように審査期間が延びるケースが多いようです。

1年→1年→3年→5年

case
2

外国人が高学歴な場合や規模が大きな企業に就職した場合

外国人が日本の大学や大学院を卒業している場合や規模が大きい会社に就職した場合には長い在留期間が認められるケースがあります。

実例として日本の大学でプログラミングを学び、ゲーム制作会社に就職した方が最初の就労ビザ(技術・人文知識・国際業務)で5年の在留資格が認められました。

case
3

その会社にとって必須の人材である場合

規模はそれほど大きくない会社でも、その外国人が会社の運営において必須の場合、長い在留期間が認められるケースがあります。

実例では従業員がおらず社長1人で運営している会社において、経理業務を担当する外国人を採用した際に最初から3年の在留資格が認められました(学歴は海外の大学卒)。

※タイトル※

※本文・内容※

螢ォ讌ュ7
Access

地域に根差した営業を続け個人・法人を問わず多くの方からのご相談を承ってまいりました

概要

事務所名 レゾン行政書士事務所
住所 東京都豊島区池袋2-36-1 INFINITY IKEBUKURO 8F-51
電話番号 070-8337-6639

アクセス

各方面からのアクセスに便利な立地に事務所を構え、これまでにも都内だけでなく埼玉方面からお越しいただいた方からのご相談にも対応してまいりました。地域に根差した営業を続け、ビザについてのお悩みを解決するお手伝いをしています。勤労ビザから結婚ビザまで、種類を問わずご相談を承ります。
RELATED

関連記事